香川県上位高受験専門塾iFORUM

ご訪問ありがとうございます。香川県上位高校,中学校合格専門塾です。2013年春,高松市内にて開塾いたします。よろしくお願いします。

県内中高一貫校,附属中学校から上位高校受験対策,高校数学,高校化学を指導しています。

お問合せ連絡先

087-805-5638

月~金曜日:15:30~22:00 土 曜 日:12:30~20:00

ご提供いただきました個人情報は

厳重に管理,取り扱ってまいります。

プロフィール

iFORUM代表 稲井

Author:iFORUM代表 稲井
iFORUM代表
《経歴》
高松市内老舗学習塾に8年間勤務。
最年少教室長として,幼児~中学生
を指導。その後,市内大手塾に移籍。
現在は,実家のある徳島県に戻る。
徳島の大手進学塾で教室長を務めた。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

平成30年度公立高校入試まで

著書の御案内

共著・著書の案内です。

共著です。高校受験の学習法です。アマゾンでも御購入できます。

i-FORUMのホームページ

アイフォーラムのホームページができました。

一流の講師が指導します

稲井も担当しております。

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構のHPです。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

高松高校・附属高松中学合格専門塾EQZ

高松高校合格のための国語専門塾です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

1学期中間テスト直前の週末
提出物はもう終わっていますか。

毎日予測を立てて学習すると直前になって慌てたりはしません。

ましてや2年3年になると

だいたいの流れもつかんでいることと思いますが。

直前の土日は、苦手単元、得点しづらい単元分野をじっくり、きっちりと取り組める

時間です。

苦手分野科目を1点でも多く得点することが

全体的な順位アップにつながってきます。

提出物を終わらせるのはあくまで、作業です。

1点でも多く得点する学習を意識してください。

また、漢字ミスやピリオド等の付け忘れで失点するほど

もったいないことはありません。

速く解くのも大事ですが、正確に丁寧に解くことも忘れないでください。



お問合せ     ホームページ理科専門塾  夏期講習  高松一 高松 西 高松 数学専門塾  高松 



スポンサーサイト
テスト前に行うこと
今日明日とテスト発表があることと思います。

テスト前にしておくこと

数学に関しては、解き直しを行うことですね。

間違えた問題が解けるかどうか。

数学演習はプリントを中心に間違い直しをしておくことです。

提出物ですか?

今週の木曜日までには終わらすことです。

土日を使うのは、もったいないですよ。

できない単元を土日を利用して習得させるべきです。


お問合せ     ホームページ理科専門塾  夏期講習  高松一 高松 西 高松 数学専門塾  高松 

昨日は「図形と式」「ベクトルの内積」
を行いました。

どちらもまずは公式をしっかり覚えること。

覚えたら使いこなせるために練習を行うこと。

が大事です。

図形と式では円の方程式を行いました。

図を描いて・・・という部分までは行っていませんが

とにかく公式が使いこなせれるようにしてもらいたいものです。

計算力がジワジワときいてくるところです。

効率よく正確に解くことを心がけたいものです。



お問合せ     ホームページ理科専門塾  夏期講習  高松一 高松 西 高松 数学専門塾  高松 

資料集を片手に
理科の中1の今習っている単元はおそらく身近ないきものや植物だと思いますが、

昨今、この単元を苦手にしている子が多くなっているように思います。

1つは自然とのふれあいが幼少時代に少なかったこと、自然科学の番組が少なくなったこと(見なくなった)ことが大きいようで。

植物名を挙げても名前は知っているが、頭に映像がでてこないようである。

教科書の巻頭カラーや理科の資料集を片手に

出てきた植物をビジュアルでも確認し、学習を進めていくといいでしょう。



お問合せ     ホームページ理科専門塾  夏期講習  高松一 高松 西 高松 数学専門塾  高松 

立式
文章題では、与えられた文章から式を作っていくのだが、この立式という作業がスムーズにできない子がいる。

スムーズにできない子には

 文章を読んで、与えられた数量などの関係がイメージできない。

 素直に立式しない

の2つに分かれると思います。

1番目のタイプは、小学校から文章題に抵抗がある(点数が取れていない)。

2番目のタイプは、数学の基礎体力はあるものの、計算過程の省略を行おうとしすぎるタイプ。

後者のタイプでは、極端な例でいうと

AとBは等しい



A=B

ではなく、

A-B=0

と式を作っている。

極端な例なので、ピンとはこないでしょうが、

文章の設定が複雑になればなるほど、

文章中に出てきた通りにまずは立式をしておけば、ミスは減らせるはずである。

立式をして、どのみち、式変形をするのだからと、いきなり式変形した状態で

かくことはお勧めできない。

ちなみにこの例のような式変形で立式することは間違いではないですが、

立式段階で式変形しすぎると減点になります。




お問合せ     ホームページ理科専門塾  夏期講習  高松一 高松 西 高松 数学専門塾  高松