香川県上位高受験専門塾iFORUM

ご訪問ありがとうございます。香川県上位高校,中学校合格専門塾です。2013年春,高松市内にて開塾いたします。よろしくお願いします。

県内中高一貫校,附属中学校から上位高校受験対策,高校数学,高校化学を指導しています。

お問合せ連絡先

087-805-5638

月~金曜日:15:30~22:00 土 曜 日:12:30~20:00

ご提供いただきました個人情報は

厳重に管理,取り扱ってまいります。

プロフィール

iFORUM代表 稲井

Author:iFORUM代表 稲井
iFORUM代表
《経歴》
高松市内老舗学習塾に8年間勤務。
最年少教室長として,幼児~中学生
を指導。その後,市内大手塾に移籍。
現在は,実家のある徳島県に戻る。
徳島の大手進学塾で教室長を務めた。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

平成30年度公立高校入試まで

著書の御案内

共著・著書の案内です。

共著です。高校受験の学習法です。アマゾンでも御購入できます。

i-FORUMのホームページ

アイフォーラムのホームページができました。

一流の講師が指導します

稲井も担当しております。

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構のHPです。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

高松高校・附属高松中学合格専門塾EQZ

高松高校合格のための国語専門塾です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

勉強するのにエンジンがなかなかかからない対処法①
勉強を始めようと机の前に座ってもなかなかやる気がわかないときの対処法
(ここまで来るのに結構時間がかかりますが)

英語の教科書を音読

必ず声に出して、10分くらい

そうすると、

あれれ、なんかのってきた♪ってな感じで勉強がはかどったりします。

お試しあれ。

お問合せ     ホームページ理科専門塾  夏期講習  高松一 高松 西 高松 数学専門塾  高松 

スポンサーサイト
出る杭は打たれても出ろ
出る杭は打たれる

意味は2つ


① 頭角を現す者はとかく他の人から憎まれ邪魔をされる。


② よけいなことをする者は他から制裁を受ける

杭が出ると邪魔だし危険なのでこういうことわざができた。


①のような意味の場合,

正直、

出る杭はとことん出ろ。



けっして勘違いして②のような状況だけは避けなければいけない。


ジャネーの法則
歳をとると年月がたつのが早く感じる・・・。

そういう経験をされた保護者の方もいらっしゃると思います。

学生の方は,?という印象かもしれません。

フランスの哲学者であるジャネーさんが,歳をとると年月がたつのが早く感じるという心理を法則化しました。

ジャネーの法則というものです。


15歳の中学生が感じる1年の長さは生涯の長さの15分の1

65歳の方が感じる1年の長さは生涯の長さの65分の1

だそうです。もっと簡単にいうと

50歳の人にとっての10年間は5歳の人にとっての1年間に相当。

5歳の人の1日が50歳の人の10日に当たることになります。

つまり,生涯における時間の長さの感じ方は時間,年齢の反比例なんだそうです。


数学,算数という知識。こういった心理学の分野にも登場しています。また,経済学にも登場します。

数学は,思いのほか私たちの生活に数学という姿を見事に隠し,擬態化し溶け込んでいます。

学者になるならないは別にして,

人よりも一歩も二歩も先にいこうと考える場合,数学の力は必要になります。

学生のころは,数学というものがただただ“数が苦”と感じ,

大学入試までのおつきあいだと割り切って勉強をしている人,もしくは,はなから数学というものから離れている人も

いるかもしれません。

数学は,一生のおつきあいです。

資格とるのも数学の知識が必要(語学系は別)

就職するのにも必要。

働き出しても必要。


ぜひ,数学とお友達になりましょう。

歳と重ねてからの学習には時間の限度があります。

学生だからいろんなことに時間が当てられます。

i-FORUMは数学と君たちを仲良くさせる架け橋のひとつです。


今日から本格的に私立入試
本格的に私立高校入試が始まった。

私立の場合,1日で面接も行う。

とにかく、複数校受ける人は,体調管理だけは十分にしておくこと。

さて、試験の取り組み方だが、

できる問題は確実にとる

ということ。

できない問題にこだわる必要はない。

できる問題を落とさないようにすることが,入試で合格点をとるための方法である。

もちろんできない問題がないほうがよい。

でも入試だ。

みんなが解けるような問題ばかりではない。

正答率の低い問題もある。

でもそればっかりに気を取られて

気づけば時間が足りなくて

後の問題が解けなかったなってことがないようにしたい。

これは、絶対にダメだ。

入試のポイントは

いかに解ける問題を拾っていくか

である。

みなができるところを落とすから,差が出るのだ。

解ける問題を確実に解く。

これから週末にかけて入試ラッシュが続く。

頑張れ、頑張れ。受験生。