香川県上位高受験専門塾iFORUM

ご訪問ありがとうございます。香川県上位高校,中学校合格専門塾です。2013年春,高松市内にて開塾いたします。よろしくお願いします。

県内中高一貫校,附属中学校から上位高校受験対策,高校数学,高校化学を指導しています。

お問合せ連絡先

087-805-5638

月~金曜日:15:30~22:00 土 曜 日:12:30~20:00

ご提供いただきました個人情報は

厳重に管理,取り扱ってまいります。

プロフィール

iFORUM代表 稲井

Author:iFORUM代表 稲井
iFORUM代表
《経歴》
高松市内老舗学習塾に8年間勤務。
最年少教室長として,幼児~中学生
を指導。その後,市内大手塾に移籍。
現在は,実家のある徳島県に戻る。
徳島の大手進学塾で教室長を務めた。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

平成28年度公立高校入試まで

著書の御案内

共著・著書の案内です。

共著です。高校受験の学習法です。アマゾンでも御購入できます。

i-FORUMのホームページ

アイフォーラムのホームページができました。

一流の講師が指導します

稲井も担当しております。

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構のHPです。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

高松高校・附属高松中学合格専門塾EQZ

高松高校合格のための国語専門塾です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

春期講習の状況報告
春期講習も中盤戦。

今日は高校生の講習について状況報告。

新高校2年生はこの春、センターの過去問4年分を解いてもらっています。

とはいっても、分野別に編集したものですが、、、。

実際に早い段階で入試問題に触れることで

自分の現状を知る

体感してもらうわけです。

単元の内容をまるまる忘れてた、、、

公式が中途半端にしか覚えられていない

とにかくやばい

等々

感想を持ったうえで、

高3のセンター対策をしているイメージを持ってもらいます。

数学の1教科だけでこんな状態なら、高3からは間に合わないということを理解して

今できることを何か、危機感を早いうちから持ってもらっています。

ただ、若いということは、吸収力も半端なくいいので、

最初はタジタジだったのも、回を重ねるうちにすらすらと全問正解しちゃってますので、

まじめにコツコツはやっぱ強いですよね、、、。

お問合せ     ホームページ理科専門塾  春期講習 高松 数学専門塾  高松 

スポンサーサイト
中1ギャップを減らすためにできること
中1ギャップをできるだけ減らすためにできること。

まず中学入学式までにできることは、

春休みから学習の準備を行うことです。

先取り学習も大事も合わせて小学6年生までの復習をしっかりとやっておきましょう。

4科目バランスよくやることが大事です。

また、算数が苦手と感じるお子様は、この春は小学生の復習を中心に行って下さい。

また、規則正しい生活を、春休みの間も行うようにしてください。

中学に入学したら、

しっかりと予習復習をする習慣をつけて下さい。

習慣づけが大事になりますが、この習慣づけを成功させるには、いくつかポイントがあります。

これらのポイントについては、またの機会に紹介させていただきます。

お問合せ     ホームページ理科専門塾  春期講習 高松 数学専門塾  高松 

中1ギャップ
小学校から中学校へ進学するにあたって、注意してほしいことがあります。

「中1ギャップ」と呼ばれるものです。

「中1ギャップ」とは、新しい環境になかなか適応できず、いろいろな問題は発生することをいいます。

具体的には、人間関係であったり、学習面であったりします。

ただ、中学校での学習がどのようなものか、学習の進め方はどうすればよいかを知っておくだけでも、

ギャップは解消されたりします。

ここでは、学習面において、小学校とは大きく異なるものを挙げてみます。

「定期テスト問題」

中間テスト・期末テスト・学年末テストのような定期テストが行われます。

小学校のテストでは、テストは1単元で、問題数は15問程度でしたが、中学校では復習単元で問題数は25問~40問。

2日間で5科目(3日間で9科目)実施されます。

また、9科目の場合、主要科目以外の副科目(音楽・美術・保健体育・技術家庭科)も行われます。

テスト前日の勉強では、到底間に合わなくなります。

「学習量が増える問題」

小学校の教科書と比べると、約1.6倍のページ増になります。

1つの内容でも小学校で学習した内容よりも深く扱うことになりますので、学習内容も高度になってきます。

「授業の進度が速くなる問題」

月から金で限られた時間数で授業を行うので、当然、授業スピードも速くなってきます。

授業内でつまずきが生じた場合、対処を間違えると、どんどんおいてけぼりをくらってしまいます。

「予習と復習が大切問題」

ですので、授業を受ける前には予習を、受けた後は復習をしっかりとしておく必要があります。

するのとしないのとでは、理解度が断然違ってきます。

「部活動問題」

ただ、予習・復習をするのに大きな壁ができます。「部活」です。放課後や休日の多くに部活動に充てるところもあります。

特に運動部だとへとへとの状態で帰ってきて、家庭学習ができるかというと、なかなかうまくはいかなくなります。

学習時間の確率と効果的な時間の使い方ができるかが大きなカギとなります。

「内申点問題」

香川県の高校入試では、当日のペーパー試験の合計得点と、3年間の内申点を同等に扱って、合否判定を出してきます。

内申点とは、定期テストの点数に加え、学習態度などを点数化したものです(通知表の1~5の点数です)。

内申点は、受験学年で大きく伸ばせるようなものでなく、3年間コツコツと積み上げていかないと行けません。


お問合せ     ホームページ理科専門塾  春期講習 高松 数学専門塾  高松 

化学基礎
化学基礎という科目があります。

高校生も今週から定期テストが始まり

毎日テスト勉強でバタバタしているようです。

さて、化学基礎でモル計算がありました。

モルという考え方は、なかなか最初はとっつきにくいものです。

学校の先生は何年も何十年もやってきているので、モルの扱いは慣れているので、

授業自体はどんどん進んでいきます。

先生は慣れている、生徒は慣れていないのこの2つのギャップで

モルの単元で置いてきぼり食らっている人が多くいます。

さて、モル計算ですが

基本のステップを踏めば、

たった1時間であれよあれよとモル計算が得意に変身し、

得意になったものだから、モル濃度も自力で理解し、すらすらとできるようになっています。

先週、そういう事例を目の当たりにし、指導する側が感動してしましました。

お問合せ     ホームページ理科専門塾 高松 数学専門塾  高松 

はじめての数学・英語講座。はじまってますよ!
はじめての数学・英語講座

2月から始まっています。

この講座自体は3月度までの短期講座になります。

英語はアルファベットからはじまり日常の単語や簡単な文を読んで訳せて書ける練習を中心に行っています。

数学は目標としては正の数・負の数の四則演算までを行います。

集団授業ではないので、個々の習熟度に合わせた進度となりますが、

数学では早いところでは、正負の加減混合まで進んでいます(というか、受講生は全員ここです)

早いだけではないのかと思われるかもしれませんが、

しっかりと演習も行っています。

計算数は200問は軽く超えています。

あやふやな状態ではつまずきが生じます。ここでつまずくと、中学生の数学はさんざんなことになりかねません。

学習した内容はしっかりと定着するまで演習する。

泥臭いですが、そういう積み重ねが大事になってきます。


お問合せ     ホームページ理科専門塾 高松 数学専門塾  高松