香川県上位高受験専門塾iFORUM

ご訪問ありがとうございます。香川県上位高校,中学校合格専門塾です。2013年春,高松市内にて開塾いたします。よろしくお願いします。

県内中高一貫校,附属中学校から上位高校受験対策,高校数学,高校化学を指導しています。

お問合せ連絡先

087-805-5638

月~金曜日:15:30~22:00 土 曜 日:12:30~20:00

ご提供いただきました個人情報は

厳重に管理,取り扱ってまいります。

プロフィール

iFORUM代表 稲井

Author:iFORUM代表 稲井
iFORUM代表
《経歴》
高松市内老舗学習塾に8年間勤務。
最年少教室長として,幼児~中学生
を指導。その後,市内大手塾に移籍。
現在は,実家のある徳島県に戻る。
徳島の大手進学塾で教室長を務めた。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

平成31年度公立高校入試まで

著書の御案内

共著・著書の案内です。

共著です。高校受験の学習法です。アマゾンでも御購入できます。

i-FORUMのホームページ

アイフォーラムのホームページができました。

一流の講師が指導します

稲井も担当しております。

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構のHPです。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

高松高校・附属高松中学合格専門塾EQZ

高松高校合格のための国語専門塾です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

中2理科 電流
電流を得点源にするには

用語や法則などの理解

    と

計算力

が必要になります。

一斉指導では、説明をしますが、一人ひとりの理解をきっちり確認するまではなかなか難しいですね。

例えば、直列回路では電流やどこも同じ、並列は各部分の和だぁっ~っていう話をしますが、

受講してる人にそれがきちんと理解できているかどうかです。

ここでいう理解とは、習ったことが使いこなせられるレベルです。

そのあと、あいまいなまま問題を解くことになります。

また、公式に当てはめて計算する部分にウェートを置きますから、

公式に当てはめるまでの過程の部分が手薄になります。

ただ、不思議なことに、説明を聞いたときは分かった気がします、、、

気がするだけです。

解説を聞いてわかったつもりでは、何の意味ももたないのです。

簡単な回路の問題ならとけるけど、少し文章の長くなった問題では、、、、解けない

っていう人が多いのもわかります。使いこなせていないですからね。

また、大手塾になると教室もたくさんありますので、年間行事(この日にテストをするなど)やカリキュラム

が決まっていますから、十分な演習量もできないまま次の単元に進んでいきます。

仕方がないといえば仕方のないことかもしれませんが、、、。

i-FORUMでは、演習を通して、考え方を一人ひとりマスターしてもらう

そういう場の提供を行っています。

※2016冬期講習、受付中です。詳細はホームページをご覧ください(↓家マークをクリック!!)


★i-FORUMの場所はこちら




★お問合せ/i-FORUMのホームページはこちら
お問合せ     ホームページ理科専門塾 春期 夏期 冬期 講習 診断テスト 紫雲中学 桜町 高松第一学園 高松一 高松 西 高松 数学専門塾  高松 





スポンサーサイト
テスト対策演習
テスト対策演習が始まりました。

自分の弱点を、客観的に把握する絶好のチャンスです。

また、集中して問題を解きまくることで、場数を増やし、問題慣れしていってます。

中2のこの時期は証明問題がメインになってきます。

添削指導で証明の書き方をつかみ、また各自のミス傾向を把握することで、本番への

ミスを極力減少させることにつながってきます。

まぁ、演習量が違いますから、添削で間違いを指摘され、自分で見直しをし、類題で定着を図る

そういう使い方をみなさんやっています。

これからが長丁場。気合いを込めて。


※2016冬期講習、受付中です。詳細はHPで!!


★i-FORUMの場所はこちら




★お問合せ/i-FORUMのホームページはこちら
お問合せ     ホームページ理科専門塾 春期 夏期 冬期 講習 診断テスト 紫雲中学 桜町 高松第一学園 高松一 高松 西 高松 数学専門塾  高松 





共通部分
現役で大学合格した大学生と話しをしていると、共通してでてくることが

板書の取り方

である。

すべての板書を写すのではなく、大切なところだけを写しているのである。

板書の内容を取捨選択するのは容易ではない。

どの内容が大事で、どの内容があまり大事でないか。

その部分を彼らはいかにしているのか。彼らの話などから推測してみると、

1.予習

2.客観敵分析

3.傾聴力

の3つが考えられる。

予習をしていくことで、どこが大事なのかがわかるようになるのはもちろん、その背景に、

一度自力で教科書や参考書に目を通すことで、知識の下地ができている。

おそらく、その下地は穴ぼこだらけだと思われるが、授業を通して、その穴ぼこを補っていっているようである。

また、下地作りの段階で、自分が理解できないところがうすうすわかってくる。

そういったものが客観的判断につながってきているようである。

また、成績の伸びる子は素直である。

きちんと授業を聴ける習慣が出来上がっている。

当の本人たちは、おそらくこれらのことを自覚はしていないだろうが、

正しい習慣がおのずと正しい方向へと導いているように思われる。

※2016冬期講習、受付中です。詳細はHPで!!

★i-FORUMの場所はこちら




★お問合せ/i-FORUMのホームページはこちら
お問合せ     ホームページ理科専門塾 春期 夏期 冬期 講習 診断テスト 紫雲中学 桜町 高松第一学園 高松一 高松 西 高松 数学専門塾  高松