香川県上位高受験専門塾iFORUM

ご訪問ありがとうございます。香川県上位高校,中学校合格専門塾です。2013年春,高松市内にて開塾いたします。よろしくお願いします。

県内中高一貫校,附属中学校から上位高校受験対策,高校数学,高校化学を指導しています。

お問合せ連絡先

087-805-5638

月~金曜日:15:30~22:00 土 曜 日:12:30~20:00

ご提供いただきました個人情報は

厳重に管理,取り扱ってまいります。

プロフィール

iFORUM代表 稲井

Author:iFORUM代表 稲井
iFORUM代表
《経歴》
高松市内老舗学習塾に8年間勤務。
最年少教室長として,幼児~中学生
を指導。その後,市内大手塾に移籍。
現在は,実家のある徳島県に戻る。
徳島の大手進学塾で教室長を務めた。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

平成30年度公立高校入試まで

著書の御案内

共著・著書の案内です。

共著です。高校受験の学習法です。アマゾンでも御購入できます。

i-FORUMのホームページ

アイフォーラムのホームページができました。

一流の講師が指導します

稲井も担当しております。

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構のHPです。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

高松高校・附属高松中学合格専門塾EQZ

高松高校合格のための国語専門塾です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

中1ギャップ
小学校から中学校へ進学するにあたって、注意してほしいことがあります。

「中1ギャップ」と呼ばれるものです。

「中1ギャップ」とは、新しい環境になかなか適応できず、いろいろな問題は発生することをいいます。

具体的には、人間関係であったり、学習面であったりします。

ただ、中学校での学習がどのようなものか、学習の進め方はどうすればよいかを知っておくだけでも、

ギャップは解消されたりします。

ここでは、学習面において、小学校とは大きく異なるものを挙げてみます。

「定期テスト問題」

中間テスト・期末テスト・学年末テストのような定期テストが行われます。

小学校のテストでは、テストは1単元で、問題数は15問程度でしたが、中学校では復習単元で問題数は25問~40問。

2日間で5科目(3日間で9科目)実施されます。

また、9科目の場合、主要科目以外の副科目(音楽・美術・保健体育・技術家庭科)も行われます。

テスト前日の勉強では、到底間に合わなくなります。

「学習量が増える問題」

小学校の教科書と比べると、約1.6倍のページ増になります。

1つの内容でも小学校で学習した内容よりも深く扱うことになりますので、学習内容も高度になってきます。

「授業の進度が速くなる問題」

月から金で限られた時間数で授業を行うので、当然、授業スピードも速くなってきます。

授業内でつまずきが生じた場合、対処を間違えると、どんどんおいてけぼりをくらってしまいます。

「予習と復習が大切問題」

ですので、授業を受ける前には予習を、受けた後は復習をしっかりとしておく必要があります。

するのとしないのとでは、理解度が断然違ってきます。

「部活動問題」

ただ、予習・復習をするのに大きな壁ができます。「部活」です。放課後や休日の多くに部活動に充てるところもあります。

特に運動部だとへとへとの状態で帰ってきて、家庭学習ができるかというと、なかなかうまくはいかなくなります。

学習時間の確率と効果的な時間の使い方ができるかが大きなカギとなります。

「内申点問題」

香川県の高校入試では、当日のペーパー試験の合計得点と、3年間の内申点を同等に扱って、合否判定を出してきます。

内申点とは、定期テストの点数に加え、学習態度などを点数化したものです(通知表の1~5の点数です)。

内申点は、受験学年で大きく伸ばせるようなものでなく、3年間コツコツと積み上げていかないと行けません。


お問合せ     ホームページ理科専門塾  春期講習 高松 数学専門塾  高松 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://iform.blog.fc2.com/tb.php/577-30cfd677
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)