香川県上位高受験専門塾iFORUM

ご訪問ありがとうございます。香川県上位高校,中学校合格専門塾です。2013年春,高松市内にて開塾いたします。よろしくお願いします。

県内中高一貫校,附属中学校から上位高校受験対策,高校数学,高校化学を指導しています。

お問合せ連絡先

087-805-5638

月~金曜日:15:30~22:00 土 曜 日:12:30~20:00

ご提供いただきました個人情報は

厳重に管理,取り扱ってまいります。

プロフィール

iFORUM代表 稲井

Author:iFORUM代表 稲井
iFORUM代表
《経歴》
高松市内老舗学習塾に8年間勤務。
最年少教室長として,幼児~中学生
を指導。その後,市内大手塾に移籍。
現在は,実家のある徳島県に戻る。
徳島の大手進学塾で教室長を務めた。

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

平成30年度公立高校入試まで

著書の御案内

共著・著書の案内です。

共著です。高校受験の学習法です。アマゾンでも御購入できます。

i-FORUMのホームページ

アイフォーラムのホームページができました。

一流の講師が指導します

稲井も担当しております。

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構

公益社団法人 東日本大震災 雇用・教育・健康支援機構のHPです。

検索フォーム

リンク

このブログをリンクに追加する

高松高校・附属高松中学合格専門塾EQZ

高松高校合格のための国語専門塾です。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

カテゴリ

最新記事

『分からない問題が現れた!!』 ○答えを写す ○逃げる
今日はドラクエ11の発売日発表ということで、ドラクエ風のタイトルにしていますw

ちなみにゲームにはあまり興味がありません。すみません。

さて、学校の宿題(提出物)をする場合、よく起きる現象として

分からない問題

に出くわすことがあります。

その場合、お子様はどうされていますか。

聞いてきたりしますか?または付箋をはって塾の先生に聞くという風にしていますか。

たいていの場合、その場で答えを見ていると思います。

それはそれでいいのですが、大事なポイントがあります。

1つは難しい問題に出くわしたときです。

ふつう問題文を読んでから、2~3分考えて、解ける・解けないの判断しますよね。

まぁ、中には見た瞬間難しい!解けないと諦める人もいますが、、。そういった場合は、成績は伸びないでしょう。

そのあと、解答を見るということをしますが、、、。

ここがポイント。

解答を丸写しして、青ペンで丸して、はい終了って、してませんか?

解答を見たときは分かった気になります。

解答をノートに写しているときは、勉強してる気になります。

ですが、それはすべて作業になってます。

大事なのは、できない問題にぶち当たったときに、後日同じ問題を解けるかどうかなのです。

解答をじっくり読む。⇒もし、頑張って解いているのなら、どの部分でミスをしたのかを分析する。

⇒解答を伏せ、同じ問題を解きなおす。

この流れが本来の勉強のスタイルだと考えています。

まぁ、簡単に言うと、解きなおしをしてるかい?

ということですよ。

この差って結構大きいんですよ。



お問合せ     ホームページ理科専門塾  春期講習 高松 数学専門塾  高松 

ノートの取り方
ノートの散り方については、最近の教科書では、巻頭ページにて

板書の仕方、ノートの取り方を丁寧に書かれているので参考にされたい。

ここでは、先週、計算ミスについて記事を書かせていただいたので、その続きとして、

計算ミスを極力起こさないノートの取り方を簡単にさせていただく。

結論からいうと、

見やすさ優先


県立上位高受験専門塾i-FORUM香川県田町にあり
小学生から高校生までの塾長自らが行っています。

間違えても、色ペンいっぱい使って、カラフルノートを作れというわけではない。
カラフルなノートというのは、作っている(あくまでも作業ですが、、)ときはそう思わないのですが、
時間が経ってみてみると、わかりにくくなります。どうですか分かりにくいでしょ。

さて、数学でいうところの見やすさに話しを戻すと、

数学はなんといっても数式(計算)である。

この部分を見やすくさせればいいわけです。

2×3+3×4+4×5+5×6+6×7=6+12+20+30+42=18+50+42=68+42=110

中学生でもいまだにこんな書き方をする人もいます。

なんでこう書くの?

って聞いたことがあります。

ノートが持ったいない。

っていうんですね。

たしかにネットは思うけど、計算ミスしていきたい高校に行けなくなるよりかは、

ぜいたくに使って、行きたい高校に行って、地球にやさしい技術を開発して、貢献する方がいいのではないかと思うわけですが。

まぁ、この書き方のどこが悪いかというと、

見直しの際にまったく効果を発揮しない書き方であることは間違いないことです。

2×3+3×4+4×5+5×6+6×7=6+12+20+30+42
                        =18+50+42
                        =68+42
                        =110

イコールを縦にそろえるだけで、見やすさが違いますよね。

見直しの際には、一目で式全体を見ることができるので、

間違いを見つけやすくなるし、直しの段階でどういうミスをしてたのかという分析もしやすくなるのです。


お問合せ     ホームページ理科専門塾  春期講習 高松 数学専門塾  高松 



定期テストに向けて
中学1年生の場合、最初の中間テストはそれほど範囲がどの教科も広くありません。

ですので、逆に言えば、細かいところまで採点されます。

例えば、アルファベット、、、丁寧に日ごろからかいているかどうかチェックしてみるといいでしょう。

分かりやすいのが英語。

A、gなどの文字の先端はきちんととじていますか、

文の最後にピリオドはつけていますか。

単語と単語の間の字間は適切な間をとれていますか。

などなど。

最初はそれほど難しくないですが、些細な部分で思わぬ失点をしてしまいがちです。

保護者の方のチェックも大いに有効になります。

お問合せ     ホームページ理科専門塾 中間テスト 定期テスト 高松市 数学 塾 高校 高松第一 高松一 高松 数学専門塾  高松 


中学理科の第一歩は、、、
教科書をまずは熟読しておくことが大事です。

特に、図表を中心に目を通しておくこと。

また、最近の傾向で生物に関して疎い部分もあります。

最近では動物の番組自体が少なくなってきた、

動物のドキュメンタリーを見なくなったという部分も多少はありますが、、、。

小さいお子さんがいらっしゃる場合は、自然と触れ合う機会を作るように心がけてください。

また、生物が苦手という場合は、図鑑や資料集を頻繁に見るようにしましょう。

生物は比較的得点源になります。

取れるべきところはしっかりととれるようにしておきたいものです。

お問合せ     ホームページ理科専門塾  高校 高松第一 高松一 高松 数学専門塾  高松 


カラーペン
筆箱の中にぎっしりカラーペンがたくさん入っていないだろうか。

赤、青、緑、茶色、ピンク、コバルトブルー、黄色、オレンジ、、、

いったいいつどこで使うのか、、、。

ノートをとるときに使うようであるが、ここに大きな落とし穴がある。

確かにノートをカラフルに書くことは視覚的に頭に残るかもしれない。

だが、大半は勉強をしたつもりに陥ってしまっている。

学校はノートをまとめるために行ってるわけではなく、

理解するために行ってるのである。

ノートをまじめにとっているように思えるが、実は、作業に没頭しすぎて、

大事な話(板書してくれないことがおおい)をスルーしてしまっている。

頭に残っているはずが、結局残っていない。

ノートをまじめにとっている割に成績が今一つという人は

そういう部分が原因の一つかもしれませんね。


お問合せ     ホームページ理科専門塾  高松高校 高松第一高校 高松西高校  高松 数学専門塾  高松